2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.26 (Fri)

スティールパン教室のご紹介

2013年5月6日 LITTLE TEMPO 土生"TICO" 剛さんによるスティールパン教室が開催!
場所はトラベシア、限定10名!

steelpan.jpg

ドラム缶を叩いてできた楽器、スティールパン。
僕が最初に出会ったのは、20歳の時。
NYにすんでた僕が成人式で帰ってきてて、そんな時になにかライブみたいなーっと
名古屋クアトロのLITTLE TEMPOライブに行ったときでした。
まずLITTLE TEMPOのライブがすごぉくかっこよくてやられつつ、
スティールパンの優しい音色にクラっときたのを覚えてます。

001_20130426195630.jpg

その後、たまにNYの地下鉄構内で演奏してる黒人を見たりしつつ
でも本格的に身近になったのは、サヨコオトナラに出会ったとき、うめちゃんが叩いてました。
うめちゃんが叩くスティールパンの音がすごく好きで、特にうめちゃんが演奏する
「Mr.Oblivious」というトリニダード・トバゴの名曲がいつも頭の中をめぐってました。
その後、うめちゃんの師匠である山村誠一さん率いるスティールパンバンド、Rustic pansの
アルバムレコーディングのドキュメント映像作ったり
それこそLITTLE TEMPOのリーダーでパン奏者の土生剛さんがサヨコオトナラと合流して
九州~屋久島まで一緒に旅したこともありました。
そんな不思議なご縁を呼んでくれたスティールパン、思い出が深く、大好きな楽器です。

20120402_2842908.jpg

そもそもスティールパンとは、
カリブ海に浮かぶトリニダードトバコ共和国で20世紀半ばに生まれ
「20世紀最後のアコースティック楽器」と呼ばれる音階のある打楽器です。
ピアノの様にドレミが順番に並いでいるわけではなく、バラバラに並んでいます。
そのおかげで倍音がとても奇麗に響き、その音はドラム缶とは思えないとてもクリアで透き通った音色です。
「世界で一番、人の心を癒す音」と呼ばれているほどです。
* 引用 / Ragslowのブログより


なかなか岐阜では触れることのできないこのスティールパン、
なにより土生さんがオモシロいからこの日は非常に楽しみです。
まだ若干あきがあるみたいなので、興味のある方、この機会にどうですか??


【予約・問合せ先】

Hanji(ハンジィ)
岐阜県岐阜市長良宮路町3-38
058-214-9875
11:30~19:30
火曜日と第2,3水曜定休
asiancraft.hanji@nifty.com
スポンサーサイト

タグ : スティールパン 土生"TICO" LITTLE TEMPO ワークショップ

20:29  |  予定  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.04.22 (Mon)

つくるみらい

ひさびさのブログ。
いつからか月の満ち欠けを意識するようになりました。
新月の日は何かを始めるきっかけにしよう、とか
満月の日は何事もおこらぬようちょっと気をつけよう、とか
まぁささいなもんですが、少なからず僕のスケジュールには月の満ち欠けは入ってます。
あ、畑の収穫は満月がよいみたいですね。
といっても植え込みは新月はよくないそう。

もともと日本は旧暦で暮らしていました。
今はグレゴリオ暦。
僕にとって、便利なのはグレゴリオだけど、旧暦のほうが生活のリズムはつかみやすい。
簡単なところでいうと年末のあわただしさはグレゴリオ、たまらない。
今年中に終わらせたいと、バタバタバタと駆け抜けていって、
あれよあれよという間に新年を迎えることになってる。


design_img_f_1406198_s.png


その後にやってくるのが、旧暦の正月。
大体2月上旬ですよね。
グレゴリオで終わらせれなかったことを旧暦の新年を迎えるまでには終わらせようと再調整してます。
一個一個物事を解決していくことを大切にしようとすると
時間の使い方、スケジューリングはとても大事であって、そこをよりうまく解決してくれるのが
グレゴリオ暦と旧暦の使い方だと僕は思っています。

さて、そんな旧暦の正月、今年は2月10日でした。
この日は、メルチさん(オリジナルジーンズや服などを作っている服飾作家)に誘われて
岐阜県美濃市の山奥へ。
「つくるみらい」というイベントの記録でした。
電気のないものづくり展覧会。
おもいきし僕は電気を使ってるけど、一応、太陽光発電でバッテリーは充電しておきました。





岐阜の作家さんたちはみんな仲がいい。
なんかいい関係をみんなで築いていってるんです。
面白いことになっていってると僕も思います。
こういう仲間たちと新しい未来を作っていくんですね。


tukurumirai1.jpg



【参加アーティスト】

MELCHI DESIGNS / 都竹政貴
旅するミシンのジーパンオーダー

garapago / 伊庭弘之
天然石アクセサリー・レザーワーク実演

Richard Carbin
タイダイ染め

ふたごや / 白木和真
ひょうたんスピーカー

chocool / 都竹文女
薪で草木染の実演

Stairway / 後藤幸治・賀南恵
羊毛から手つむぎの実演・オーダー

MIKIO BAN
旅方 - かさじぞう紙芝居

Waruneco / 神保哲太
グラフィック作品 / WARUNECO


実はこの「つくるみらい」は2日目もあって、
餅つきや、自然農をやってる方との語らい会とか、鳥を絞めて食べる、といったのがありました。
僕はいけなかったけど、そっちもすごく面白そうでした。
ケーブルテレビが撮ってたそうだけど、見れないのかな?

タグ : つくるみらい

22:11  |  映像  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.04.20 (Sat)

関西虫食いフェスティバルの映像

以前、第二回関西虫食いフェスティバルを
写真レポートでしたら、なかなかの食いつきっぷりでした。
もしかしてみんな興味あるのか?

そういうことならば、とさぁ映像です。
心して見届けよ。
昆虫食はパンクでアナーキー!?

タグ : 昆虫食 虫食いフェスティバル

22:23  |  映像  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。