2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.12 (Tue)

一ヶ月という時間の流れの中で

あの大地震から一ヶ月です。
いろんなことがありました。
原発爆発しました。
今現在もより深刻な局面をジリジリと進んでいっているようです。
追い討ちをかけるかのように、震度6をこえる余震がまだ続いています。
しかし当然のように、日本各地、原発は今日もせっせと活動を続けています。

福島県飯舘村、一ヶ月目にして、ようやくの避難指示。
国際的にはずっと前から避難勧告。
対応、おそすぎです。
その一方、文部科学省は福島県の児童生徒の年間被曝許容量を20ミリシーベルトに引き上げました。
20ミリシーベルトといえば、原発労働者の年間の許容被曝量。
幼児殺人国家。
あ、東京都の水道飲料水に含まれる放射性物質の基準値も上がった模様ですね。
しかも、基準値以下は、「検出されず」という表現ね。
ひどいね。

選挙もありました。
こんな状況下、みんなが原発に恐怖して、脱原発を唱える候補者に票が集まると思いきや、
ぜ~んぜん、そんなことはなく、はい、311以前と何も変わりません。
原発推進に、核武装をとなえる石原慎太郎氏は、まさかの4期連続。
最初の当選1999年、20世紀ですよ。
いまだ、日本国民、動かず。

ネットやtwitterでは、バンバンと情報が飛んでますが
それもついに規制をしていくことが閣議決定されました。
捜査当局が裁判所の捜査令状なしにネットプロバイダに通信記録保全を要請できるようになる。
ってことは・・・?
もう、中国や北朝鮮レベルですね。

無茶苦茶な状態なのであーる。
でも、ここまでくると、ある種の開き直りというか、どうにもこうにもやるしかない、
愚痴っていても何も状況は変わらないので、もう自分たちの物語を進めていくほかないのです。
おかげで一日が一瞬で終わってしまう。
時間感覚がいよいよおかしくなってきました。
あなたはあっちの世界?こっちの世界?

PS. そして、チェルノブイリと同様、最悪のレベル7への引き上げへ。
スポンサーサイト
01:01  |  原発  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2011.04.02 (Sat)

浜岡原発と統一地方選挙

赤いのが福島原発、紫が浜岡原発です。


hamaoka2.jpg



で、昔から散々言われつづけてる「東海地震」は、100~150年の周期でずっと起きてるみたいで
前回が幕末の1854年 安政東海地震・関東地震とのこと。
今年で157年たってて、本当にいつ起きてもおかしくない、と学者たちは唱えてる。
下の図は、プレートの位置みたいなんですが、見事にライン上に「HAMAOKA」さんはのっています。
どうみても危険だ。



プレート
* 引用 | BLOG「福島原発が富山に与える影響と距離



こんな想像したくないですが、
もし、「浜岡」が、「広島」「長崎」「福島」の次になってしまったら
日本はどうなるんでしょ。
今の地球全体の地殻変動を考えれば、それが起きても不思議じゃないと思います。
ポジション的に見れば分かりますが、放射性物質は風にのって、
東京ももろに被害くらいます。
地方の話じゃありません。




電力会社や原子力安全保安委員会に、われらが日本国は繰り返し繰り返し、「安全だ」
とおっしゃってくれてますが、どうもその安全がまるで信用できません。
で、僕みたいなものの意見をもっとも反映してくれているのが、「社会民主党」党首の福島みずほ議員です。
4月1日の朝一の「twitter」です。


福島
* 引用 | twitter 「福島みずほ




中部電力に国民の一つの意見として、浜岡原発の停止願いを出してくれました。
もう何度もしてくれてます。
なんとも嬉しい限りですが、それに対する中部電力の返答は、
「地震が起きても安全です。」という相変わらずのもの。



福島02


電力についても触れてますが、中部電力は電力をまだまだ余らせています。
発電量 3240万kw で 供給量 2000万kw
浜岡原発が作っているのは、240万kw。
全然足りてます。
それなのに、なぜ、こだわる崩れた安全神話に・・・。


4月10日と24日に、統一地方選挙があります。
この投票が、僕らに出来る最大のアクションだと思います。
仮にそれが、原発推進派の、たとえば、石原現東京都知事でも、
その人がその道を進みたいと望むのであれば、まぁ、仕方ない。
それはそれの運命を全うしてください。
リスクの多い大博打だと僕は思いますが。


で、坂本教授たちが賛同者になって、立候補者にエネルギー政策についてのアンケートをとってくれてます。
これから徐々に結果が反映されてくるものと思いますが
エネルギーのことに関しての参考にはなると思います。


URL: http://energy-policy.net/
坂本


日本が敗戦を経て~、復興~高度成長期を経て、不景気を経て~、大震災を経て~
新しい国家に生まれ変わってほしいと願っています。
また同じは嫌だ。


 

07:30  |  原発  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。