2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.30 (Wed)

サヨコオトナラ 望年会

毎年恒例 サヨコオトナラ望年会、
東京の情報発信最前線Cafe slowにてがっつりと楽しませてもらいました。
打ち上げ、望宴会、最後まで激動の2009年を結ぶ幸せの時間でした。
みんなきてますね~。
おかげさまで、もうすごいとこまでいってしまいました。
気持ちよすぎ&楽しすぎ。
サヨコさん、Otoさん、奈良さん、アリワ、ticoさん、コーチさん、アキヒロさん、PJさん、冨田タカさん、高尾山を守る坂田さん、カフェスローのスタッフさん、そしてカフェスローに集まったみなさん、さらに、最高のアフターを用意してくれたタツさん、リュウジくん達、
いやはや、みんな素敵でした♪

来年はより社会が変わっていくと思いますが
どんどん新しいアイデア吸収して、人生劇場を楽しんでいこうと思ってます。
みんな元気にワクワクモクモクボンボン、やっていきましょ~!
ちなみに今年は僕は『当』な一年でした。
イェイ!

さて、東京から岐阜に帰り、2009年のとどめをさしに
いってきます。



スポンサーサイト
12:25  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.25 (Fri)

こうしてまた一歩、

ここ数日の流れは本当に夢の中のような物語でした。
一つ一つの出来事が力強くどれもしっかりと胸にも脳にも刻み込まれた感じがします。
ちょうど今、すこんと抜けてますので、徒然と記しておこうと思います。

20日 UFO meetingは最高に熱い集いになりました。
14時開演

かむあそうトライブズ → シバハリケーン → 本村ナオミx竜巻太郎 → マーレーズ → ラビラビ → 空飛ぶ円盤愛好家のUFOスライドショー → 杉山開知ナビゲート 地球暦 → 中山康直 宇宙トーク → サヨコ + Oto

23:30閉幕
濃厚すぎる9時間半でした。
その間、会場のトライバルアーツは濃ゆい人たちで溢れかえり、あまりに密度がこゆかった。
トライバルアーツのスタッフのみなさん、ごくろうさまでした。
何よりもビッグリスペクトです。
主催のヒカルさんは、とにかく純粋な気持ちでこの集いを開くことを決断し、宴がおわりみんなが帰っていくまでフォースを尽くし続けていました。
この内容で投げ銭がやれたのは奇跡だし、そのおかげで邪なバイブスがいっさいなかった。
来た人みんながそれぞれ何かを感じて、それぞれの道へまた進んでいきました。
多くの人が強いエネルギーをもって帰ったと思います。
僕もその一人。
みんなありがとうございました。

21日、一反解散。

22日、トラベシアでサヨコオトナラが一年ぶりにライブをしました。
奈良さんは、ぎっくり腰を患いながら、7割といってた体調でできることを出し切ってました。
僕から見れば、7割どころか3割くらいの状態に見えました。
あんな冷たそうな汗をかきながら叩いてる姿初めてみた、でも本当に嬉しそうに叩いてた。
奈良さんは座ったまま動けない状態だったけど、音は踊っていた。
その音に乗せられて、サヨコさんもOtoさんも踊ってました。
そして、みんな踊ってました。
だから最高のライブでした。
奈良大介アニキに拍手!

最後、アンコールは2曲、ボブマーレーの“Redemption Song”とどんとの“波”。
もうそれはそれはとろける時間でした。
は~、楽しかった。
ノンちゃん、最高だったね。

トラベシアで上映した映像、これまで長いことかかって辿りついた一つの原型を見せれました。
僕の尊敬するアーティストの方々にみてもらい、GOサインがでたこと、とてもうれしかったです。
あとはいろいろ実験しながら、よりクリアーにしていきたいと思ってます。
アドバイス、いつでもお願いします。

23日、朝8時にOtoさん、奈良さんを岐阜駅に送っていきました。
二人はそれぞれ、熊本、東京へと旅立っていきました。
ほんと、プロの旅人です。
僕はこの日はオフのオフ。
サヨコさんにトラベシアで
「明日は僕はオフです」っていったら、
「へろしはいつもオフでしょ」といつもどおり、ザクッと一刺し。
「オフのオフです」といっておきました。

ということで、二人を送ったそのまま、春日村へ。
雪景色の六社神社を参ったあと、薬草風呂へ。
やっぱり僕はこの風呂が何よりも好きかも。
身体に合う。
しっかりとチャージをして、いつも以上に力が抜けた状態で
ぶらりと谷汲山へ。
4年前からよくお世話になってる山です。
そういえば最近は周りが妊婦さんだらけです。
UFO meetingでも話が出てましたが、今はベビーブームみたいですね。
しかもある一定の枠組みの中での。
その子達が大きくなったころにはまったく新しい時代になっているんだろうな。
だってお母さんになっている人たち、みんなパワーあるもの。
楽しみだなぁ。

で、そうそう、谷汲山 華厳寺は日本最古の観音霊場で、西国三十三番満願霊場となっていて、結びの場。
そしてまた安産祈願の聖地にもなっている。
それは水子供養の地でもある。
最近、大切な人たちの子が姿を見せるまえに天に昇っていってしまった。
その子を想い、少しだけ手を合わさせてもらいました。
そのあと、友人たちの安産を祈願しました。

そこからゆるゆると鵜沼の空っぽ祭まで。
ゆる~くってこの日の僕にはちょうどいい感じ。
まさに空っぽだったから。
麻の実入り玄米おにぎり2個と具沢山のお味噌汁、最高でした。
欲しいものいっぱいあったなぁ。
でもお金ないもんね~。
っと、子供たちが遊んでる隙間をぬい、ちょっとスペース間借りして、
昨日のライブの映像を年末の上映用に少し編集してたら
中山さんが静岡から鵜沼駅に来るというので迎えに。
わずかな迎えの時間で打ち合わせは完了。
これからは麻良渡シをもう少し深く伝えていく作業になります。
あ、そうそう、youtubeでのカウントが一万回を超えた時点で関係者各位は既視済だろうと判断し、
麻良渡シ映像は非公開にしました。
ちなみにyoutubeに上げていたのは本祭の部分のみで、奥の院までは公開していません。
当然のことですが、奥まで入ってこそ、本当の感動はあるのです。

で、オフのオフながら、ほんの少し、オフのオン状態で中山さんのトークを記録してました。
こういう状態の記録ほど、いい映像が撮れるものはないです。
最高の状態でした。
とそのとき、脳天からケツの穴まで響いた話が飛んできました。
UFO meetingの最初にやった“かむあそうトライブズ”のメンバーの一人、シンゴが亡くなったって。
え!?
しばらくそれが理解できませんでした。
あまりにも突然で、あまりにも・・・。

中山さんのトークが終わり、そのあと、サヨコさんが歌うという転換の間に、その場を離れました。
はじめてかも、サヨコさんが歌う前に去るのって。
麻生のやじぃくんの家にみんな集まってました。
もうここまで来た面々、どうしなければいけないかはみんなわかっているけど
それにしても悔しい。
僕が最後に話したのは、UFO meetingの最初にあったときに
「ヤ~マン」
「ヤ~マン」
「どう調子は?」
「いやぁいまいち・・」
「そっかぁ、まぁ、これから上がってくるよ」
なんて、気の抜けた会話だった。

シンゴに出会ったのは、僕が九州から岐阜に帰ってきて、最初にいったイベント
奈良さんの岐阜ライブで出会ったんだけど、シンゴという名前を聞いてすぐに覚えた。
あぁ、ウメさんのご縁かなと思ったもんです。
同じ年の彼とは、何度か一緒の現場にいたけどそれほどじっくりと話をしたことはなかった。
僕はいつも調子を聞いてた気がする。
「どう?今、何%?」
「上がり気味?下がり気味?」とか。
彼のそんな微妙な変化が僕には和みをくれていたし、なんか安らぎだった。
いつだったか、麻生の家の前を通ったから、ぷらり立ち寄ったら彼がいて、すごい笑顔で迎えてくれたときがあった。
気持ちのいい笑顔だったなぁ。
もっとしっかり彼の言葉に耳を傾けていたら・・・
もっと彼の目の奥の色を見れていれば・・・
もっと彼のバイブスを感じていれば・・・
今はこんな気持ちになっていなかったかもしれない。
だから悔しい。
前にも味わったことのあるこの気持ち、また繰り返した。
何にも変わってないじゃんか。

天に先に昇ったウメガネシンゴさん、岐阜のシンゴがいったから、よろしくです。
もう出会ってるのかな?
僕はまだそっちに行く予定ないけど、まぁじきにいくので、そのときこそみんなでゆっくりと他愛もない話をしたいな。
今の僕の世界はまだまだやることいっぱいだよ。


今日は25日。
メリークリスマス。
僕にはな~んにも感じられないけど、今日もゆったりとしたいい日でした。
でも寝ても起きても夢の中みたい。
夢かもしれない。
でもその夢を見てるのは僕だけじゃない。

シンゴ、また会おう!





明日から大都会東京です。
都会の民よ、よろしくです。
オフのオンです。
19:42  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.19 (Sat)

2009をふりかえる作業 & 2010 カメラマン募集

22日にトラベシアで上映するための映像を作ってます。
2009年の始まりは、飛騨の伊太祁曽神社、管粥神事でした。
そこから、にじのみさきで盲腸なったり、Green Massiveしたり、日食見たり、シヴァ祭ったり、
ジェンベにまみれたり、スチールパンにまみれたり、山水人にどっぷり浸かったり、麻良渡シしたり、冒険したり、NO MOXしたり、韓国歩いたり・・
深部が多く、一般的とは若干離れた営みをしているのですが、
やはり現場が面白くないと僕みたいなライブ映像屋は面白くありません。
おかげさまで2009年はいいのがいっぱい撮れました。
映像の旅2009、濃ゆいです。
編集は9月の山水人まできました。
日本の裏音楽業界といいますか、カウンターカルチャーといいますか、
最前線の未公開内臓部分を、出し惜しみなく、30分に凝縮させてシュパッとお送りします。
乞うご期待!

と、その前に明日はUFO MEETINGです。
宇宙的大忘年会。
ぱっかぁぁんとお開きいたしましょ。
名古屋トライバルアーツ、昼から夜まで入場無料で開きっぱなしです。

あ、話はぶっ飛んで、2010年の話ですが、
7月10日に劇団AFRICAが福岡飯塚にある嘉穂劇場で2年ぶりに公演をします。
嘉穂劇場、先日団長さんと行ってきましたが、大正10年開場、
美空ひばりを筆頭に大御所がずらりとやってきている名所でパワーあります。
そんな場所での映像記録班、3人ほどスタッフ募集!
これまで4回撮影記録してきましたが、せっかくの名舞台、これまで以上に映像のクオリティーアップを図りたいです。
一緒に作り上げれる人、いらっしゃいましたら、教えてくださいませ。
かなり熱い現場です。

それでは寒くなってきましたが、足元お気をつけて、精一杯、どこまでもいきましょう!
13:56  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.14 (Mon)

◇ WASSA WASSA ダイさんやってきた

火の国、熊本からジェンベの総大将 大さんが岐阜にやってきました。
宮本武蔵も滝に打たれて修行したという五宝の滝のすぐ側、“なんや友雑穀”でジェンベワーク合宿です。
大さんも朝一で滝に打たれたそう・・・。
僕は、日本トップクラスの優秀なジェンベプレーヤーたちを身近にみてきているんですが、あいにく、まったくの素人です。
でもせっかく大さんきてるし、初心者ワークを受けてみたんですが、かなしいかな、さっぱりでした。
いつも目で見て、耳で聞いてるからもう少し叩けるイメージでしたが、さっぱりでした。
くやしいっす。


*ジェンベワークの模様 2日で16時間・・・

夜はもちろん宴会になりました。
そして、どうやら焼酎や日本酒を一気とかしたみたいで、その模様の記憶をごろっと丸ごと消されてます。
う~ん、ひさびさに記憶喪失、やっちゃった。
忘年会が始まった感じです。
でも無農薬玄米焼酎と醸造アルコールの入ってない日本酒だったので、翌日、頭痛とかはなくてよかった。
僕は醸造アルコールの入ってない純米酒が好きです。
忘年会、みなさん、やりすぎ、気をつけましょう。

家に帰ったあと、めがねを忘れたことに気がつきました。
翌日、なんやに取りに行ったら、まさにちょうど大さんが帰るタイミングでした。
そのままなぜか僕もセントレアまで~。
さすがです、大さんのハリケーン。
飛ばされました~。

さて、いよいよ来週、20日 UFO MEETINGに
22日サヨコオトナラです。
UFO MEETINGは豪華面子で投げ銭です。
かなり面白いことになりそうです、これ本当です。
22日、サヨコオトナラ、前売りチケットあとごくわずかです。
今年は僕もサヨコオトナラ、祭でしかみてないので、久しぶりのお店でのライブ。
ひじょ~に楽しみです。
そして、冬至ですので、ゆず茶がふるまわれます。
うれしいですね~。
23:14  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.08 (Tue)

◇ 韓国の旅 WALK9 71日目

数えてみたら21日前の映像です。
ジンベマン奈良大介氏と一緒に韓国に行ってWALK9に参加してきた日、一日を10分にしてみました。
やっぱり見返しても充実したディープな旅でした。
WALK9に登場する人々の意志の強さ、まずこれにやられます。
後半は偶然そこにあった韓国の原発に足を踏み入れます。
試作版ですが見てやってください。



WALK9のみんな。
もうソウルに近いってききました。
すごいね、あっという間ね。
地図でソウルを見てみたら、新潟と同じくらいの緯度、そりゃ寒いわ。
とても寒いと思いますが、最後まで気をつけて。
岐阜より応援してます。

タグ : walk9 韓国巡礼

21:14  |  映像  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.03 (Thu)

◇ 東京湾に原発を

玄海原発でプルサーマルの試運転が終わり、本格営業運転開始ですね。
それに反対の声を上げる署名は40万人を越えて今なお強く声をだしてるのに強行する国と電力会社。
これによって、行き場のない強烈な核のゴミ、使用済み核燃料がどんどん溜まっていくことを意味します。
国はそれを日本の地中に埋めちゃいますといってます。
そして日本中を核燃料をつんだトラックが走り回ります。
この前、道路でさっそく追突事故ありました。
お金もいっぱい使います、ってかもう使いすぎました。
わけわかりません。
民主党も結局、原子力政策、大賛成なんよね~。
未来のない、日本。
この国、いつまでもつんでしょうか?

奈良大介氏が最近調子いい唄をうたってます。
その名も、「原子力発電所そんなにいいのなら東京湾で!音頭」
九州ツアーを全部生音でやった奈良さん、玄海原発のある佐賀県でのホロヤカン祭でも焚き火を囲んで唄ってました。
後ろではキャンドルで“NO MOX”とかかれた光がとても綺麗です。
とてもええ感じでしたので
歌詞のっけて覚えやすくしておきました。



生き方いろいろ、どんな人生歩んでいくかは、人それぞれですが、
後ろめたさのなく、素直な生き方していきたいです。
やっぱ自然がえーなー。
12:52  |  映像  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.12.02 (Wed)

映画「東京物語」

映画がとても見たい一日でした。
今はDVD100円で借りれるんですね。
デフレだ。

そんなわけで、はじめて小津安二郎監督の東京物語見ました。
日本映画史上最高傑作という声もあるほどの不朽の名作ですが、
さすがめちゃくちゃよかったです。
すべてのシーンがええし、メッセージも深い。
いまさらながら、冒頭3分でファンになりました。
そして一つの人生をみるかのような時間をすごせました。
おそるべし、小津監督。
勉強させていただきました。
このころの日本、ええなー、ほんまに。
僕が東京物語みてたら、猫もやってきてみてました。
猫もいいなーって思ってみてたんでしょうか?
まぁそんなわけで猫ちゃん近づいてきたから、
猫ちゃんアレルギーの僕はそのあと目をぼっこしはらして泣いてます。

東京物語

勢いでそのあと、パトリス・ルコント監督の列車に乗った男をみました。
でも小津調にやられてしまっていた僕はちょっと響きが悪くなっていました。
この監督も好きなんだけどなー、小津監督あらためて恐るべし。
でもぜんぜん退屈させなく面白かったです。

列車の乗った男

映画つながりの話で最近の話題作、マイケルジャクソンのThis is it、
タイミングよく、映画館でみることができました。
韓国から博多に帰ってきたすぐにソラリアでみれました。
マイケルはほんとピュアで輝きまくりですね。
そのピュアなエネルギーが渦巻いて、いろんな人たち巻き込んで、なんかすごいことになっちゃってます。
すごい人ですわ。
僕も映画で最後のエネルギーをもらった感じです。
マイケルジャクソンも“あと4年で地球を変えよう”というようなことをいってた。
ぜひ変えていきましょう。
人類総出で大掃除しましょう。

THIS IS IT

さ、本日は満月でした。
次の満月は2010年1月1日です。
2010年やってきますねー。
2009年締めくくっていかんとですねー。
23:55  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。