2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.07 (Fri)

北海道

Jetstarのセールで片道99円(諸々込みで2500円)だったので、
思わず北海道行きのチケットをとってしまいました。

001_20130613142829.jpg

この日は千歳で一泊。
まずはこの一杯から北海道をはじめました。

002_20130613142848.jpg

スポンサーサイト
23:37  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.14 (Sat)

IBIZAが

ibiza.jpg

トケイソウがとかトマトがとか、平和ボケかましてたら
九州のだいじな場所でだいじな仲間たちがいるIBIZAが
豪雨の水害で大惨事になってしまっていた。

 愛妻きょうこ姫は明日予定日なので大事をとって自衛隊のヘリで無事に病院にいけました。 有難うございます。!


というコメントとともにこの写真。(Facebook 尾花光くんより拝借)
自然の中、山の中で、悲惨な状況下でもたくましく生きる光くんたちの姿が思い浮かぶと泣けてくる。
ちっきしょー!キョウコちゃん、がんばって、イビサのみんな、がんばれーーーーーー!!!

タグ : IBIZA

23:06  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.05.16 (Wed)

フランスの田舎のレストラン

26.jpg
27.jpg
28.jpg
29.jpg
47.jpg
30.jpg
31.jpg
32.jpg
33.jpg
35.jpg
42.jpg
34.jpg
41.jpg
36.jpg
37.jpg
39.jpg
43.jpg
44.jpg
45.jpg
46.jpg
40.jpg
38.jpg


いろんな人に「どこが一番おいしかった?」ときかれる。
この後にいくバスク地方のBALたちはどこも魅力たっぷりで最高だったし
イビサで入ったレストランもおいしかったし、
モロッコの小さな町で出くわしたハリラスープも忘れられない味。
でも一番は?といわれれば、このレストラン。
ラスコーから90分くらい車を走らすとトレモラという小さな小さな村、
その村に一軒だけあるレストランで
食事の時間を楽しむ、という味わい方をわかりやすく体験させてもらった感じがします。
いけてよかったし、晴天。

タグ : le vieux logis Trémolat トレモラ

15:42  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.02 (Fri)

あまみやげ

そんな伊丹空港から奄美に10日間ほどいってきました。
2月なのにもう桜は散っていました。
でも肌寒くて、海には入れませんでした。
夏にまたいきたーい。

という奄美のお土産3点

かりんとう
売ってるところと数がかなり限られる幻の黒糖かりんとう 絶品です。

キムチ
わりとスーパーにもおいてあったりする、パパイヤともずくが入ったキムチ これまた止まらない

バナナ
そして、ミチヨさんとこの庭に生えていた奄美のバナナ 岐阜で熟させます

そんなミチヨさんの家
みちよさん
ほんとうに素敵です

大根
自然農のように野菜がなってます

わん
わんこ


と、まるで中身のみえない奄美の旅日記でした。
やっぱり楽しかった~。

タグ : 奄美

16:45  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.02.07 (Tue)

初めての大鹿村

かねてから行きたい行きたいと思っていた長野県大鹿村へ行ってきました。

大鹿01
2/6 ボブマーレーの誕生日に池田のボブマーレーことケンちゃんをお供に

大鹿02
松川で深夜&豪雨のため、車中泊

で、朝起きて、大鹿村についたものの、呼んでくれたANBASSAのタケルと連絡がつかない。
いったいどこへいったらいいの状態だったけど
初大鹿村ということで探索してみたい気分のため、適当に走ってみた。
「青いケシ」っていう看板があって、お!おもしろそうって山道をぐいぐい走らせていくと
なんかそれっぽい軽バンがとまってる。
あ、この人に聞いたらきっとわかるかも、と直感で
「たけるの居場所しらないですか?」たずねてみたら
「たけるんちはここから下に三軒目のとこよ。そこにいっていなかったら、どこかはわからん」
ってことで下へ三軒いってみたら、車が泊まっててビンゴでした。


舗装されてない氷の路面を突破してたけるの家へ。
たけるは寝てたけど、何の問題もなく辿りつけました。

大鹿03
とりあえず眠かったので僕も適当に部屋を見つけて寝る。

大鹿04
寝てたらたけるから電話。もうついてるっての。

大鹿09
自宅にスタジオ機材をがっつり入れて見事なレコーディングスタジオになってる。
あとはディープに翌日午後までANBASSAのレコーディング風景や周辺撮ったり、
なんたらかんたらしてあっという間に時間が過ぎました。

大鹿08

大鹿07

大鹿05

大鹿11

大鹿10

日本一美しい村 大鹿村、ようやくいけました。
帰りに薪ストーブを購入して帰りました。
よし、一歩前進。
これを機にまたつづけていきたいものです。

大鹿村をご存じない方は、ぜひ「大鹿村騒動記」へ~
大鹿村騒動記

タグ : 大鹿村 ANBASSA レコーディング撮影

23:39  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。