2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.10.19 (Sat)

ぼちぼち

なにか書かないと。

今日は満月です。
スポンサーサイト
12:42  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.09 (Sun)

008_20130613142926.jpg
日高で魚介類を手に入れる。

009_20130613142945.jpg
海の見えるポイントで調理開始。

010_20130613142946.jpg
今日の昼ごはん そばの実と白アスパラと白貝の白ワイン蒸し

011_20130613143036.jpg
さらに支笏湖で手に入れた幻の姫鱒の一夜干し
最高の昼ごはんである。

012_20130613143014.jpg
浦河のサラブレット牧場郡を抜け、

013_20130613143021.jpg
目指していた半田ファームへ!

014.jpg
モッツァレラのピザ

015.jpg
半田ファーム産のチーズたち、う、うまい

017.jpg
庭で小さなネズミのようなモグラに遭遇 

016.jpg
エゾトガリネズミというモグラ きづいたら足の指をカリカリかまれてた。

018.jpg
夜は晩成温泉の横の無料キャンプ場でテントはる。ヨーロッパを思い出す。

020.jpg
どうしてアウトドアクッキングのごはんはこんなにもうまいのか。

019.jpg
見上げれば、満天

タグ : 半田ファーム

15:04  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.06.08 (Sat)

レンタカーを借りて、温泉を目指して、支笏湖へ。

003_20130613142846.jpg

丸駒温泉旅館 昨日の宿の人が温泉旅館の人と友達で半額で入れてもらう。
湯船の状況はサイコーでした。
そのまま湖。
いきなり北海道にやられる。

004_20130613142838.jpg

ピロポナイ観光センターで姫鱒(ヒメマス)をたべる。
むっちゃうまい。

005_20130613142842.jpg

おもわずおかわり

006_20130613142950.jpg

その後、サッポロビールファンなので、恵庭に戻ってサッポロビール工場。
やはり工場で飲むビールはフレッシュでうまかった。

007_20130613142932.jpg

そして、静内 KAVACHにて、ロックンロールパンダショー ギターパンダ。
久々ののりをさん、コネタが増えててさすがのショータイムでした。

この日は、近くの野球場で車中泊。
23:45  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.07 (Fri)

北海道

Jetstarのセールで片道99円(諸々込みで2500円)だったので、
思わず北海道行きのチケットをとってしまいました。

001_20130613142829.jpg

この日は千歳で一泊。
まずはこの一杯から北海道をはじめました。

002_20130613142848.jpg

23:37  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.04.26 (Fri)

スティールパン教室のご紹介

2013年5月6日 LITTLE TEMPO 土生"TICO" 剛さんによるスティールパン教室が開催!
場所はトラベシア、限定10名!

steelpan.jpg

ドラム缶を叩いてできた楽器、スティールパン。
僕が最初に出会ったのは、20歳の時。
NYにすんでた僕が成人式で帰ってきてて、そんな時になにかライブみたいなーっと
名古屋クアトロのLITTLE TEMPOライブに行ったときでした。
まずLITTLE TEMPOのライブがすごぉくかっこよくてやられつつ、
スティールパンの優しい音色にクラっときたのを覚えてます。

001_20130426195630.jpg

その後、たまにNYの地下鉄構内で演奏してる黒人を見たりしつつ
でも本格的に身近になったのは、サヨコオトナラに出会ったとき、うめちゃんが叩いてました。
うめちゃんが叩くスティールパンの音がすごく好きで、特にうめちゃんが演奏する
「Mr.Oblivious」というトリニダード・トバゴの名曲がいつも頭の中をめぐってました。
その後、うめちゃんの師匠である山村誠一さん率いるスティールパンバンド、Rustic pansの
アルバムレコーディングのドキュメント映像作ったり
それこそLITTLE TEMPOのリーダーでパン奏者の土生剛さんがサヨコオトナラと合流して
九州~屋久島まで一緒に旅したこともありました。
そんな不思議なご縁を呼んでくれたスティールパン、思い出が深く、大好きな楽器です。

20120402_2842908.jpg

そもそもスティールパンとは、
カリブ海に浮かぶトリニダードトバコ共和国で20世紀半ばに生まれ
「20世紀最後のアコースティック楽器」と呼ばれる音階のある打楽器です。
ピアノの様にドレミが順番に並いでいるわけではなく、バラバラに並んでいます。
そのおかげで倍音がとても奇麗に響き、その音はドラム缶とは思えないとてもクリアで透き通った音色です。
「世界で一番、人の心を癒す音」と呼ばれているほどです。
* 引用 / Ragslowのブログより


なかなか岐阜では触れることのできないこのスティールパン、
なにより土生さんがオモシロいからこの日は非常に楽しみです。
まだ若干あきがあるみたいなので、興味のある方、この機会にどうですか??


【予約・問合せ先】

Hanji(ハンジィ)
岐阜県岐阜市長良宮路町3-38
058-214-9875
11:30~19:30
火曜日と第2,3水曜定休
asiancraft.hanji@nifty.com

タグ : スティールパン 土生"TICO" LITTLE TEMPO ワークショップ

20:29  |  予定  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。